高級珍味の内子と外子、その食べ方

活き蟹の内子・外子


エテ吉
かにの外子と内子って、両方卵のことなのかな?何でふたつあるのかな?

エテ子

生の蟹の甲羅を外すと、中にある紫色のものが内子とよばれるもので、卵巣ね。 加熱するとオレンジ色になるわ。外子は、蟹の腹部のふんどしのところについている粒状のもので、 これが卵ね。

エテ吉
なるほど〜。外子と内子は、どうやって食べたらいいの?

エテ子

生のかにの場合、調理の仕方は、内子は塩漬けや醤油漬け、外子は醤油漬けが一般的かな。 内子は塩漬けもいいけど、すりつぶしてお味噌汁に入れてもコクが出て美味しいわね。 外子は房ごと取って、海水くらいの塩水(4%程度)か、軽く塩もみをして洗ったあと、 フタ付容器に入れて、醤油、酒、みりん等で1日ほど漬け込めばOK。 ボイルのかにの場合なら、外子も内子もそのまま食べられるわね。 もちろん、ワサビ醤油とか酢醤油、マヨネーズなんかで和えてもいいわね。