さまざまなブランド名を持つズワイガニ

水揚げされる場所で変わるブランド名


エテ吉

越前ガニとか松葉ガニとか、すごく高級なカニだから、おいらにはなかなか手が出ないけど、 でも、どうみてもおんなじ種類のかにに見えるのはどうしてなんだろ?

エテ子
越前ガニとか松葉ガニも、ズワイガニよ。なんでも、水揚げされる場所によって付けられるブランド名が違うみたいね。 国内産のズワイガニは水産資源確保のためにサイズの規定や禁漁期間もしっかり守られていて、品質のいいブランドガニを 出荷するようにしているから、そういうかには、ブランド名を記したタグがつけられていて値段も高いのね。

エテ吉
なるほど、乱獲しちゃったら、せっかくのかにがいなくなっちゃったら困るもんな。 ブランドには間人ガニとか加納ガニなんていうのもあるよね、みんなどこで獲れるのかな?

エテ子
越前ガニは福井県の三国漁港をはじめ三陸地方、松葉ガニは主に山陰地方、 間人(たいざ)ガニは丹後半島の間人港に水揚げされるもの、石川県沖で水揚げされたものが、加納ガニね。 ズワイガニはわりと、広い範囲で獲れるかにで、一般的にズワイガニって呼んでるのは成長したオスのことみたい。 オスに比べてメスは小さくて、せいこガニとか香箱(こうばこ)ガニなんて呼ばれてるみたい。 あと、紅ズワイガニっていうのもいて、ゆでる前から赤いからそう呼ばれてるみたいよ。

ブランドのかにのレビュー


エテ吉

ブランドがにの実際のところを体験して、気がついたことをここに書いていくよ。
coming soon!