黒いつぶつぶがあるカニは身が詰まってる?

かにの甲羅の黒いつぶつぶ、それは「カニビルの卵」


エテ吉

この間かにを食べてる時に気が付いたんだけどさ、かにの甲羅によく黒いつぶつぶが付いてるんだけど、あれ何なんだろうね?

エテ子
わたしも前から気になってたんだけど、ズワイガニの甲羅に良く見る黒いあれ、「カニビル」っていう虫の卵みたいね。 でもカニビルはズワイガニの甲羅を産卵の場所に利用するだけで、カニビルの成虫がズワイガニの体内に寄生をしたり、 ズワイガニの体液を吸ったりはしないみたいだから、安心したわ。それにカニを加熱したらすぐに死んでしまうので、 かにを食べる際には何にも問題はないんだって。

エテ吉
ふーん、虫なのかあ。ああ、でもあの黒いつぶつぶがたくさん付いてると、かにの身入りが多い証拠なんでしょ? かにを選ぶ時に役立つポイントだって、聞いた事あるよ!

エテ子
それがそうでもないみたいなの。かには脱皮するんだけど、脱皮直後のかには身が少なく水っぽい事で知られているの。 脱皮する事でエネルギーを使っちゃうのか、とりあえず身が少ない。脱皮する時甲羅についている黒いつぶも 甲羅とともに一緒にはがれ落ちてしまうから、脱皮直後のかにの甲羅には黒いつぶが少ない。 だから、脱皮から時間が経っているかにの甲羅には黒いカニビルの卵が多く付いていて、身入りも多い・・・ ていうのがその説の根拠みたいなんだけど、 実は脱皮直後のかにの甲羅にも、カニビルの黒い卵ってついてるみたいなの・・ あと、新鮮なかには身が取りやすい、なんていう説もあるみたいだけど、 これもそうじゃなくて、身入りのいいかにほど殻に身が詰まって食べにくいはずで、 身が取りやすいということは、身入りが悪いということなんじゃないか、なんていわれてるし。

エテ吉
なーんだ、色々いわれてるかにの選び方って、あんまりあてにならないんだね。 でも黒いつぶつぶが何なのかわかっただけでもいいや、かには相変わらず大好きだからね!

かにの黒いつぶつぶ、実際のところ


エテ吉

かにの甲羅の黒いつぶつぶ「カニビルの卵」、実際に体験して、気がついたことをここに書いていくよ。
coming soon!